top of page

オンラインレッスンのメリットとデメリット(ギター編)

更新日:2022年6月10日

当音楽教室では、対面のレッスンコースの他にオンラインコースもございます。


 

オンラインレッスンとは


ZoomやSkypeなどのビデオ通話サービスを利用して全国からギター、ピアノのレッスンを受講することができます。

ご自宅から移動をせずにレッスンをお楽しみいただけるので便利ですね。


今回の記事では、オンラインレッスンのメリットとデメリットを解説していきます。



 

メリット


対面レッスンコースと比べてレッスン料金が安い

当教室の料金プランでは、対面の基本コースよりも少しお安くなっております。

詳しくは料金のページをご覧ください。


遠方にお住まいの方でもレッスンを受講することができる

対面レッスンでは教室の近くや、電車や車で一時間圏内にお住まいの方が多いですが、オンラインレッスンでは全国どこからでもレッスン可能です。

私自身も海外に住むギタリストにオンラインレッスンを受講することがありますが、基本的なテクニックや、編曲のアイディア、音楽理論などオンラインでも十分に学ぶことができます。

世界には様々なスタイルの音楽があり、音楽によっては特殊なテクニックが必要な場合がありますが、そういうものが少し身近なものになりますね。


移動する必要がないので、移動のための時間や交通費がかからない

自宅や勤務先、学校などから教室へ通う時間が節約出来るのは良いですね。 私の生徒さんでは、お体の不自由な方にも受講いただいています。


画面収録機能を使ってレッスンを録画できるので、レッスンの後で内容が確認できる。

教わったことをうっかり忘れてしまうこともありますよね。

画面収録機能を使えばレッスン内容がそのまま録画できるので、後から確認することができます。※ビデオ通話サービスによってはできないものもあります。


 

デメリット


音色や強弱、細かい部分が伝わりにくい

マイクを通した音をスピーカーやイヤホンで聴くことになるので、音楽の繊細な部分は判断が難しいです。


タイムラグがあるので一緒に弾くことができない

対面のレッスンでは講師が一緒に演奏してリズム感覚を養いますが、オンラインではタイムラグがあるためできません。


音が途切れやすい

通信状況によっては音が途切れてしまい、聴き取りにくいときがあります。


画面に映る範囲が限定されるので、姿勢や身体の細かな動きが確認しにくい

手や肘の角度やポジションなど、対面レッスンでは演奏と同時にあらゆる部位のチェックが判断基準となりますが、そこを細かく確認しにくいです。


 

オンラインレッスンのメリットとデメリットについて解説しました。

個人的に思うのは、やはりリズムや音楽の細かな部分を指導するには対面でのレッスンの方が教えやすいです。楽曲分析や楽典的なことを学びたい方にはオンラインはとても良い方法ですね。中級者くらいの方にはテクニック的なことも説明しやすいですし、オンラインレッスンと対面レッスンと組み合わせて受講されている方もいます。これからどんどん発展していくレッスン方法だと思うので、レッスンを重ねてブラッシュアップしていきたいと思います。

ホームページから随時生徒さん募集しているので、気になった方はお申し込みくださいね!


 

リベルテ音楽教室


🍀所沢の音楽教室♪

(池袋から23分、新宿から28分最短アクセス)

🍀所沢駅から徒歩10分、駅近♪

🍀オンラインレッスンも可能♪


ギター教室・ピアノ教室の体験レッスン随時受付中です!


LINEまたは、サイトフォームより、お気軽にお問い合わせください♪

0件のコメント

댓글


bottom of page